Top > お風呂に入る時

お風呂に入る時

お風呂に入る時、シャワーだけではなくゆっくり湯船につかって体を芯から温めると、眠りにつきやすいと聞きました。人間の体は、一旦体温が高くなった後に体が冷えると眠たくなるメカニズムがあるので、寝る数時間前に体温を上げておき、徐々に体温が下がるのに合わせて布団に入るとぐっすり眠ることができるそうです。そのため、寝る前にホットミルクを飲むと寝つきがいいというのも、体温を上げることで同じ作用をもたらし、不眠を改善する方法として効果があると言われているようです。また、体温が上がると血流が良くなるので、凝りがなくなってが体がリラックスするということでした。効果が期待できそうなので、入浴の方法を変えてゆっくりお風呂に入ることを実践してみました。今日のお勧めサイトはこちら:脱毛ラボの脱毛効果の口コミについて

関連エントリー